理想の国家 − ベーシックインカムで世界中の誰もが「本当にやりたいこと」のできる世界へ

理想の国の姿とはどのようなものでしょうか。

国民みんなが幸せに生きられる国でしょうか?
どんな国にも負けない経済力を持つ国でしょうか?
それとも、おいしい食べ物があって安全に過ごせる国でしょうか?

今回の Fully Hatter の主張は以下になります。

『世界中のすべての人は、一切働かなかったとしても生きていける程度のお金を無償でもらえなければならない』

俗に言うベーシック・インカムですね。

国が果たす役割は以下のようなものがあります。

  • 外の国が攻撃してきても国民を守る役割
  • 悪い国民がいたらやっつける役割
  • 国内の理不尽な格差を埋める役割

それに加え 『すべての国民に、生きていくのに必要な最低限のお金を無条件に与える役割』 も果たさなければならない、というのが今回の主張になります。
(国がすべての国民に毎月10万円支給する、というようなイメージ)

もしこの『みんなお金もらえる制度』が実現されれば、この世界はまったく違った景色を見せるでしょう。
一円も稼がなくても生きていける、ただそれだけでは決してありません。

お金を稼げないからと、ミュージシャンになる道を諦めなくて済むのです。
自分にはこの仕事しかないと、過酷な労働環境で過労死に追い込まれる人がいなくなるのです。
貧乏な家庭の子どもでも、お金の心配をすることなく安心して勉強に打ち込めるのです。
大切な我が子を自分の手で育てる、そんな当たり前のことが簡単に実現できるのです。

そこでは、やりたくもない仕事をして貴重な時間を浪費する人間は誰もいません。
すべての人が、自分の本当にやりたいことを実現できます。
働かなくてもいい、たったそれだけの選択肢があるだけで、人はかけがえのない自由を手に入れられるのです。

そんなことが実現できるの?

できます。

まず、『みんなお金もらえる制度』が実現されれば生活保護や年金などの社会保障制度は必要なくなります。
たとえば今の日本では社会保障で年間100兆円を給付していますが、そのうちの医療費30兆円を引いた残りの70兆円が丸々浮くことになります。
これだけで一人あたり月額5万円の『みんなお金もらえる制度』が実現できることになります。
(実際には、お金持ちには『みんなお金もらえる制度』で給付される月額5万円程度にあたる増税をなんらかの形で負担してもらえればさらに支給額を増やすことができます)

エコノミスト誌の試算 (Universal basic income in the OECD)によると、上記の社会保障制度を『みんなお金もらえる制度』に置き換えてそれ以外の政府支出と税収を変えなかった場合、なんと西欧の 7カ国では一人年間 1万ドルを超える給付が可能になることが分かっています。
(生活保護などの制度は給付対象者の審査などにかなりのコストがかかりますが、『みんなお金もらえる制度』はみんなに毎月同額を支給するというシンプルな制度なのでコストがほとんどかかりません)

『みんなお金もらえる制度』は十分に実現可能なのです。

働かないひとはお金をもらえなくて当然なのでは? ①

よく考えてみましょう。

私たちが得ている富は、現在の私たちの労働だけから生まれているわけではありません。
過去の世代の発明やシステム、制度によって多くの富が今も生まれています。

しかし今、その富は一部の人たちが独占しています。

大金持ちの子どもは一生働かなくても生きていくことができます。
貧乏人の子どもは働かないとお金がなくて死にます。

これは本当に社会のあるべき姿なのでしょうか。
人類が何年もかけて作り上げた富を生むシステムを、なぜ一部の人が独占できるのでしょうか?
特権階級に属しているから?
親が資産家だから?
その人に商売の才能があったから?

私は、どんな理由をつけたとしてもそんなことは正当化されないと考えます。
今を生きる私たち全員が、その恩恵を受けてもいいはずではないでしょうか。

働かないひとはお金をもらえなくて当然なのでは? ②

さらに別の面からも考えてみましょう。
現代ではお金をもらえない多くの仕事が存在しています。

街のゴミを拾っても、誰からも一円ももらえません。
自分の子どもを育てても、誰からも一円ももらえません。
一生懸命勉強しても、誰からも一円ももらえません。

ですが、これらは何の価値もない活動なのでしょうか?
違いますよね。
むしろ、お金を稼げなくても社会にとって極めて重要な活動がそこにあることに気づくはずです。
(その中には、長期的に見ればはるかに多くのお金を生み出しうる活動も数多くあります。勉強や起業などはその一例でしょう)

お金は稼げないけれどとっても大事なこと、『みんなお金もらえる制度』はそういった活動の後押しをしてくれるのです。

そんなことをしたら、誰も働かなくなって国が破滅するのでは?

頭のいいあなたはもしかしたら、『みんなお金もらえる制度』があるなら誰も苦労して働かなくなるのでは? と思うかもしれません。

ですがよく考えてみてください。
あなたは「生きるためのお金を稼ぐ」、ただそれだけのために働いていますか?
欲しいものがあってそれを買うために働いたり、生活の水準を今よりももっと高めようと働いたりしていませんか?

私はむしろ、『みんなお金もらえる制度』は人の労働意欲を高めるであろうと考えています。
(現行の生活保護制度は、収入が増えるとお金がもらえなくなるため生活保護受給者はますます働かなくなるという面がありますが、『みんなお金もらえる制度』はその人の収入にかかわらずお金をもらえるのでそのような逆効果は生まれません)

中には誰もやりたがらない仕事もあるでしょう。
ですが、そういった仕事は「そんなにお金がもらえるなら、しょうがないからやってやるか」という人が出てくる「正当な水準」まで報酬がつり上がっていくと考えられます。
日々の生活に四苦八苦している仕事を選べない人を利用し、安い賃金でキツイ仕事をさせる現代、おかしいのはどう考えてもこっちです。

そもそも、『みんなお金もらえる制度』で人が働かなくなるのであれば世界中のお金持ちは誰も働いていないはずです。
だって彼らは働かなくても何の心配もなく生きられるのですから。

実業家の孫正義さんを見てください。
彼は一生遊んで暮らせるお金がありながらあれほど仕事に打ち込んでいます。
彼に限らず、まわりを見渡せばお金に困ることのない多くの人が労働していることに気づくはずです。

さらにいえば、私たちはすでにお金をもらえない多くの仕事(家事や育児、お年寄りの世話等) をしています。
人は「生きるためのお金を稼ぐ」ために働いているわけではないのです。

何もしなくてもお金が手に入る世界、そんな世界は日々生きるためにあくせく働いている私たちにとっては想像することすら難しい世界かもしれません。
私たちが植え付けられている「常識」とはあまりに異なっているため、もしかしたら嫌悪感すら抱く方もいるかもしれません。

ですがいつか、「昔はお金なんかのために、本当に自分がやりたいこともできない世の中だったんだよ」なんて子どもに話すときが訪れるのではと、私は期待しています。

参考文献

  • 山森亮 (2010) 『ベーシック・インカム入門 無条件給付の基本所得を考える』 光文社新書
  • ガイ・スタンディング (2018) 『ベーシック・インカムへの道』 プレシデント社

「自由」に関連するページ

「国家」に関連するページ


Comments

1. 英二 TBH さん
[2018/05/16 04:23:00 JST(UTC+09:00)]

夜分遅くにすみません。フォローありがとうございます😊
コメント失礼します
‪そうですね最後の ですがいつか、賛同します。‬
‪底上げも良いけど、全員が1%と対等なら最良です。‬
そぐわない制度などを壊し見直しては新たに導入した方が好き‬。
揺り籠から墓場まで高福祉低負担で概算1億2653万人を100年間‬持続可能であり、
ベーシックインカム(B I )で補完なら...ひとつ の理想です。‬

1%の超巨大企業(金融資本家=銀行家=筆頭株主=特権階級など)が国=政府を飲み込む事態も世界では起きていますし、超巨大企業のCEOは従業員全員の年収を一律7万ドルに引き上げて大きな話題と物議に骨肉の裁判沙汰になっており、一つの解決はしましたが3つの係争中に火種は燻ってもいます。

いわゆる「ノブレス・オブリージュ」を思い切ってやってのけています。

日本でいうトリクルダウン効果を行われました。
そういう意味に意図で可能なので、「政府紙幣の発行に歳入庁の創設に省庁の改編に巨大企業の内部留保の是正や官房機密費(報償費)の見直し など他23有り」を織り込み日本でも巨大企業と政府が共有に協力していけば世界一の債権国でもありますので「みんなお金もらえる制度」は現実的に可能性大ですし、不可避だとも考えられます。
(国民1人当たり月額50万円~130万円は可能でしょう)

スイスにスウェーデンなど欧州に倣いB I 導入を試験的検討や国民投票を定期的に行えれば良いと思います。
財政破綻やハイパーインフレなどには到底ならず、国も企業も国民も一丸となってベーシックインカム導入から超好景気と好循環に安心を領受していきたいものですね。

長文すみません
😊いつでも構いませんので お返事待ってます。

2. Fully Hatter さん
[2018/05/16 20:18:40 JST(UTC+09:00)]

> 英二 TBH さん

コメントありがとうございます!
英二 TBH さんのBI (ベーシックインカム) に対する熱い想いを感じました。

以下に、いただいたコメントについて本文で触れていなかったことをちょっと補足します。

まず、私が思い描く BI は以下のようなものです。

『赤ちゃんからおじいちゃん、貧乏人からお金持ちまですべての国民に、一律 10万円を毎月支給するような制度 (その 10万円は一切課税されず、全額自由に使用できる)』

お金持ちにもお金を支給することに違和感を感じる方もいると思いますが、これにはいくつかの理由があります。

まず、収入によって支給額を変えるためにはその人の収入を調べたり扶養関係を洗い出さなくてはなりません。
これにはかなりのコストがかかります。(その制度を維持するためだけに多くの公務員が必要です)

さらに、ある収入以下の人だけにお金を払う場合は、その境目あたりの人たちの労働意欲を奪うことになります。
(働いて収入が増えると支給を受けられなくなってしまうため、働かずに今の収入の水準のままでいよう、と考える人がでてきてしまいます)

そして、収入の低い人たちは後ろめたい気持ちを抱きながらお金をもらうことになり、そうでない人は少なからず「なんで我々が貧乏人のためにお金を稼がなきゃいけないのか」という思いを抱くことになります。

いや、そんなことはないはずだ!
そう思いますか?

いま日本にはその仕組みに近い生活保護という制度がありますが、生活保護をもらうべき人の中で実際にもらっている人の割合(捕捉率) は実は 20%しかありません。
それにもかかわらず、実際にニュースで扱われるのは生活保護の不正受給者の実態などです。
生活保護の対象者のような「少数派」は切り捨てられてしまう、私たちの社会にはそのような面があるのです。

以上の理由により BI の支給額は全員一律とし、お金持ちの人には BI の支給額程度に相当する増税を行うのがよいのでは、と考えています。

3. 英二TBH さん
[2018/05/17 13:53:55 JST(UTC+09:00)]

思い描く内容に補足までありがとうございます。

「ベーシックインカムを全員一律10万円支給しますが、お金持ちには支給分を増税する」
見解に提案としては良いですね。
それだと(累進課税、内部留保に課税)の発想ですよ。そして生活保護に年金を廃止した意味がなくなり、相殺できずに本末転倒かと思います。生活保護費の方が多く受け取れますから。人により受給者によりケースバイケースなんですけど、やり方により(合法的ちゃんとした手続き)確実受給に1ヶ月15万円受給も可能なんです。

私は以前、twitterでも投稿していますが生活保護を1ヶ月分1回 12万3千円受給した事があります。ホームレスも1週間したことありますし、民生委員や支援センターにお世話になった事もあります。生活保護に関する事や情報は大抵 経験しており熟知しております。今では可処分所得で62万ほど頂く時があります。生活保護もホームレスも経験したかったので行っただけです。

課税に増税するのは当たり前の前提がほとんどの方に見受けられます。なんだかなぁ!

B I は、無条件で国民全員に一定額を一律支給するのです。なので非課税です。

国民全員とは、お金持ちに帰化した方も牢屋に入っている犯罪をした方にも支給するのです。

ポジティブリストかネガティブリストを作成し最低条件を設定してベーシックインカムを導入すれば良いでしょう。金額に財源なども織り込んで。
B I って、これからの国家ビジョンのワンピースでしかないので、全てではありません!

其々に十人十色の見解に提案はあるので みんな正しく みんな素晴らしいものですね。
お話しできて良かったです。 ありがとうございました。

4. Fully Hatter さん
[2018/05/17 20:09:05 JST(UTC+09:00)]

> 英二TBH さん

二点、補足させてください。

まず一点目、10万円じゃ少なすぎるのではないか、ということに関してですが、確かにその通りかもしれません。
ここでは、10万円は単なる一例として捉えていただければと思います。
(不勉強のため、生活保護や年金制度についてあまり知りませんでした)

もちろん、実際に支給すべき金額がいくらなのかはその時々の国民の生活水準や税収などを勘案してしっかり考える必要があるのは確かかと思います。

二点目は以下のご指摘に関してです。

『それだと(累進課税、内部留保に課税)の発想ですよ』
『課税に増税するのは当たり前の前提がほとんどの方に見受けられます』

こちらについては誤解を招いてしまったようなのでここで補足させていただきます。

コメント No.2 に記載していますが、私は「BI で支給されるお金は一切課税すべきでない」派です。つまり英二TBH さんと同じ意見です。

本文で以下の文章を書いていますが、これは BI への課税ではなく、所得税や消費税、相続税などの増税を意図しています。

「お金持ちには『みんなお金もらえる制度』で給付される月額5万円程度にあたる増税をなんらかの形で負担してもらえればさらに支給額を増やすことができます」

BI 導入後の理想形は、お金持ちの税負担はほとんどかわらず (BI の支給額相当分の何らかの形の税を払う)、子どもやワーキングプアと呼ばれている人たちが生きていく上で最低限の収入が得られるような社会です。

5. 英二TBH さん
[2018/05/18 01:12:36 JST(UTC+09:00)]

幾つでも補足してくださいな。
やり取りした感想ですけど、理想に信念に姿勢...一貫しておりませんね。

B I に課税しないことに理解はあるのに、
消費税や所得税や相続税かへの増税って吹かせないでくださいよ
ベーシックインカムについても不勉強ですし
税金の種類は幾つありますか?税金の役割とは?新税に増税が乱発されてますけど?
日本 全体では、「超少子超高齢化」に向かっており、「中福祉高負担」国家なんですよ!
50年後100年後と長期的に観ても、概算8270万人までは緩やかに維持することは可能ですし、
高福祉低負担にすることなんて容易い事でもあるんです。

生意気な言い方をすれば、貴方が日本の首相で国民に政策の旗を掲げて説明するのに賛同や支持を大衆から得られるでしょうか?

それくらいの気概で理想を語ってもらいたいものです!貴方の理想なのですから。

諸々と突っ込みましたけど、こちらが納得できるよう切磋琢磨していきましょう。
すみません 失礼しました。

6. Fully Hatter さん
[2018/05/18 07:49:27 JST(UTC+09:00)]

> 英二TBH さん

まず、私は増税は必須だと考えています。
お金はどこからか自然に湧き出るものでは無いため、お金を支給するためにはまず集める必要があるからです。
(もし私たち全員が、今までと同じ税金で数十万円の BI がもらえるならばこんなにいいことはありません)

BI導入後にお金持ちも得するような、そんな制度設計は不可能だと思っています。

そして、この文章はあくまで理想なので、大衆の賛同や支持は二の次と位置づけています。

どんな制度改革でもそうですが、制度を変えるということはそれに伴って損をする人と得をする人が出てきます。

BI が導入されるときがくるとすれば、それは損をする人々が「俺たちは損をするけど、でも BI はどう考えても導入すべきだよな」と気づくときだと予想しています。

7. Fully Hatter さん
[2018/05/18 07:58:32 JST(UTC+09:00)]

ちなみに補足の補足をすると、BI で損をする人とは、例えば年金をもらっている人 (年金制度が BI に置き換わってしまうため) などを想定しています。

現実に BI を実現するには、そういった人たちに臨時給付を行うなどの工夫が必要でしょう。

お金持ちについては、BI の支給額以上に相当する増税はしない方がいいのではと考えています。(お金持ちは BI 導入後でも導入前と同じ生活ができるのが理想)

8. せる せろり さん
[2019/04/18 22:29:29 JST(UTC+09:00)]

こんにちは。
日本の常識は
働かざる者食うべからず
ですが、
そこには社会貢献とかは、
一切考慮されていません。
なぜなのかは当たり前で、
みんな、
働いたからお金をもらってる
とは思っていなくて、
お金をもらってるから働いてるんだ、
と推測してるからです。
この構造を崩さなければ、
ベーシックインカムは
あり得ません。

それだけのこと、というのが、
世界には多いです。


と、思ってます。

9. Fully Hatter さん
[2019/04/22 19:14:42 JST(UTC+09:00)]

> せる せろりさん
ベーシックインカムはいろいろな観点の議論があり、人によって注目している観点が驚くほどバラバラなのが難しいところです。
せる せろりさんは「働くこととお金を稼ぐこと」という観点ですね。

実は、わたしの主張は究極的には「別にみんな働かなくてもよい」という主張です。
せる せろりさんのコメントを見る限り、「人は働かなければならない」という隠れた前提があるように感じます。
(違っていたら指摘お願いします)

その前提がそもそもおかしいですよ、というのが本文で言いたかったことです。

10. せる せろり さん
[2019/04/29 09:23:47 JST(UTC+09:00)]

こんにちは

>Fully Hatterさん

『せる せろりさんのコメントを見る限り、「人は働かなければならない」という隠れた前提があるように感じます。
(違っていたら指摘お願いします)』

働いてるならお金をもらってる、は正しいのですが、
お金をもらってるなら働いてる、は正しくない。という私の主張ですね。

それ自体だとそれほど問題にならないかもしれませんが、
働いてるなら社会貢献してる

お金をもらってるなら働いてる
に代入してやると、
お金をもらってるなら社会貢献している、
になります。
そして、さらに変換すると
社会貢献してないならお金をもらってない、
になりますが、これって正しいですか?(反例:ボランティア)
これが日本人が信じている、
お金をもらってるなら働いてる、
の正体です。
ここまでは前提の議論になります。
ここから(かなり乱暴に)演繹します。
前提より「社会貢献してるならお金をもらってる」の方で考えるのはよいことだった。
そこで、
「組織的な犯罪行為が隠蔽されたらわからないのも加味すると、
何が社会貢献なのかは実はわからない」という仮説を入れる。
そうすると、実は現実には、
社会貢献してるからお金をもらってる、は間違ってる(仮説)
という結果を招くのです。
社会貢献がお金と結びつかない(仮説)なら、なぜ働くことは強要されるのでしょう?
働く=社会貢献だからこそ、働かざる者食うべからず、が通用したのではないですか?
というわけで、私の主張の中にもFully Hatterさんの主張と同じ前提(仮説付き)が眠っていました。

ついでに、私流に議論を拡大するなら、

働くことを強要する(端的にお金を与えない)ことが「反社会的なこと(貢献の否定)でもお金をもらえればいい」、
という風潮につながっている可能性もあるので、これを理解するように社会に働きかけ、
働かなくても食べられること(BIの思想)
が無駄な反社会的なことを減らすこと(これは貢献)に寄与する、という可能性を示唆していくことも必要かもしれません。

となるかもしれません。

11. せる せろり さん
[2019/04/29 09:34:56 JST(UTC+09:00)]

すみません。

>働いてるならお金をもらってる、は正しいのですが、

こちらの前提を論理的に確かめてなかったです。
が、こちらを演繹の方(というより仮説がかなり帰納法的)で確認したと考えてください。
(働いてるならお金をもらっている、と言った前回の私の主張は間違っていました。
というか、前回もそこまで言ってなかった。)

必要があれば全面的に書き直します。

12. Fully Hatter さん
[2019/05/06 19:57:18 JST(UTC+09:00)]

> せる せろりさん
社会の風潮の論理について、基本的に納得です。
反社会的な活動についての考察も面白いですね。
その発想はわたしにはありませんでした。

どなたでもご自由に書き込んでください。
Fully Hatter が愛をもってご返事いたします。


person icon




「自由」に関連するページ

「国家」に関連するページ