哲学は無意味である (仮) − 「この世界はどうして存在するのだろう?」私が答えましょう

こんなお話を考えてみましょう。

『私やあなたが生きているこの世界は、実はすべて夢の中の出来事でした。ですので、あなたの目が覚めたらこの世界はなくなってしまいます。あなたのお友達も、この地球も、目が覚めたらすべてなくなります。そのときにあなたは、自分が本当は、夢の中の世界とは全く違う本物の世界の住人であることに気づくでしょう。その本物の世界にはもちろん、あなたのお友達もこの地球も存在しません。それどころか、人類も重力も、論理的な思考すら存在しません』

このお話が嘘だと「本当の意味」で証明することはできません。

なぜなら、夢の世界で自分がいくら頭をひねって、答えはこれだ! と「確信」したとしても、それはただの夢なのですから。
(私もよく夢の中で「世紀の大発見」をしますが、朝起きて冷静に考えてみると、それは何の根拠もない妄想だったりします)

ここからが本題です

哲学には以下のような問いがあります。

『この世界はなぜ存在するのか』
『この世界はどこからはじまったのか』
『この世界に終わりは来るのか』

これらの問いは本質的な問いとされています。

たとえば『どうしてプリンは美味しいのか』という問いがあったとします。
哲学では、その問いにさらに踏み込みます。

『そもそも味覚とは何なのか、美味しいとはどういうことか』
『それ以前に、美味しいと感じている私は何なのか』
『ってか、私のいるこの世界って何なんだ』

このように問いが問いを呼び、最終的に行き着く問いの一つが「世界」の問いです。

しかし、もし先程のお話が真実であれば、これらの問いには何の意味もないことが分かります。
なぜならその世界は夢だったのですから。
そもそもそんな世界は存在しないのですから。

もう一度言いますが、先程のお話が嘘だということは証明できません。

こんな哲学なるものに、一体何の意味があるのでしょうか。
いや、どんな意味もないでしょう。
だって最初から、答えなんて分からないのですから。

それって「哲学」だけじゃなくね? とか思った人へ

たとえば数学や物理学や宗教の世界では事情が違います。

なぜならば

数学は仮定から出発するからです。
物理学は実験結果が「真実」だからです。
宗教は物語こそが「真実」だからです。

「哲学」の駄目なところは、仮定にも疑問が生じえるということです。
本当にこの仮定は正しいのか? という疑問が「哲学」では正当化されます。
先程の夢のお話のように、絶対的な真理が存在しないこの世界で絶対的な仮定などないのに、です。

数学では仮定が「真実」なので、前に進むことができます。
x=2 だと仮定したら 3x=6 で終わりです。
本当に x は 2 なのか? などという問いは生まれないのです。

物理学では実験結果が「真実」なので、前に進むことができます。
ピッチャーが投げる球の速さが 2倍になると、キャッチャーが受ける衝撃は 4倍になりました。
それこそが物理学の「真実」です。
なぜ 4倍なのか? などという問いは生まれないのです。

宗教は物語が「真実」なので、前に進むことができます。
キリスト教では聖書の言葉こそが「真実」です。
本当にキリストは存在したのか? 汝の敵は愛さなければならないのか? などという問いは生まれないのです。

もしかしたらこの世界が夢で、すべてが無意味かもしれません。
それでも我々は、この世界が夢じゃないことに賭けて、前に進むしかないのです。

このページの意図

実は、私は哲学が無意味だとは思っていません。
むしろ逆に、哲学のアプローチには大変な興味を持っています。

『哲学は無意味』としたらどんな矛盾が生じるのか、それを調べてみたいなぁ、と。

なので、次は『「哲学」は無意味である、は無意味である』で自説を完全論破予定です。
(もしくは誰か論破してください)

(2019/8/28 追記) 哲学の定義について

あ さんより以下のようなコメントをいただきました。

哲学を定義してほしい
分かってるいると思うけど、philosophyの原義のままなら、数学も物理学も経済学も哲学の範疇。ドクターの称号がPh.D(Philosopher)の様に。

哲学の専門家でもないわたしがこの回答をするのはいかがなものかとも思いましたが、せっかくなので以下にご回答いたします。

まず大前提として、「哲学」という言葉が指し示す概念は明確ではありません。
西洋哲学と東洋哲学とを比べてみても全く異なりますが、それ以前にそもそも哲学が「学問」であるのかすら専門家の間でも議論が分かれるほどです。

ですので、哲学の定義というのはそう簡単にできるものではありませんが、まあここはわたしの世界なのでわたしが勝手に定義してしまいます。

(Fully Hatter の哲学の定義)
ソクラテス、プラトン、アリストテレスなどの古代ギリシャ哲学を起源とする西洋哲学から、現代の数学や物理学などの確立された学問の要素を取り除いたもの。学問の一種。倫理学も哲学として含む。特に数式などは使用せずに自然言語を用いてなぜなぜを繰り返すことが大きな特徴。


「哲学」に関連するページ


Comments

1. やまげ さん
[2017/10/15 10:40:00 JST(UTC+09:00)]

このページの意図、の上の文章が最終的な主張?

ニヒリストだね。この世界に意味なんてないってのにはとっても賛成。意味なんて後付けだよね。どうせ人間なんか猿とそんな変わらんし。

ここ半年くらい無意味であることに耐えられず死にたくなってたんだけど、最近は死にたくなるって衝動含めて自分の選択なんだなって思った。ある時ふと冷静になって、無意味、だから死なないといけないって理屈もおかしいなと。無意味だから、どう思うかってのも自分次第なんだなと。

あと話別だけど、それなりに好奇心あるとやっぱ人間や世界のルーツなんかには興味湧くよね。

だから何ってわけでもないんだけど、記事に関連する最近思ったことツラツラ書きました笑

2. Fully Hatter さん
[2017/10/15 17:39:00 JST(UTC+09:00)]

> やまげ さん
毎度ありがとうございます(笑)

実は、今回は特に主張はありません。
言葉遊びをしてみよう! みたいな、ある種のお遊びですね。
(真面目に哲学をされている方々、申し訳ありません)

そうですね。私も、「答え」が分からないのなら自分にとって都合のいい「答え」を選べばいいのだと思います。
好奇心については、個人的には、「人間や世界のルーツ」よりかは「哲学」というジャンルそもそもや、その方法論に興味があります。

だから何ってわけでもありませんが。

3. y.o. さん
[2019/04/09 22:43:12 JST(UTC+09:00)]

またこんにちは。
正直これは書いても良いのか迷ったのですが、まあ気にせず書いてみようかな、と。

私は、いわゆる「哲学」との適切なつきあい方というのは「悩み続けること」ではなく、「自分なりの答え」を出すことだ、と考えています。
そしてそれは、「今のところそう考えている」というものでも良いし、「条件付き」のものでも良い、と考えています。
まあ、「条件付き」で正しい、とするのは「科学的な手法」でもあるのですが。

そしていわゆる「哲学」とは、「自分なりの答え」をすでに持っている人には無意味だけど、一方で「自分なりの答え」を出すためには意味がある、と。
というよりは、「自分なりの答え」、つまり「こういう時どうするか」自体が「自分」であって、それがただの事実でしか無いと気付くためのものかな、と。

4. Fully Hatter さん
[2019/04/10 18:27:57 JST(UTC+09:00)]

> y.o. さん
コメントありがとうございます!
基本的にコメントは大歓迎ですので、何でもお気軽にご投稿ください。

「哲学」そのものについての考察、とても面白いですね。
個人的には、生きてく上で「自分なりの答え」を持つことは非常に大事なことのような気がしてます。

5. @htauphiz さん
[2019/04/10 21:17:19 JST(UTC+09:00)]

本題から逸れる話ですが、物理学において実験結果が真実というのは少しあやしいと思います。
「観察の理論負荷性」という考え方からいうと、観測者が既存の理論の色眼鏡をかけてデータを眺めるので、バイアスがかかる恐れがあります。
本質ではない意見をすみません。

6. Fully Hatter さん
[2019/04/14 20:30:38 JST(UTC+09:00)]

> @htauphiz さん

コメントありがとうございます。

「観察の理論負荷性」は、物理学というよりかは科学全般に対する理論ですね。
確かに統計の世界などでは、サンプルの絞り方やデータの見せ方を工夫することでいくらでも結果を恣意的に操作できます。

ただ、個人的な感覚としては、物理学においては「観察の理論負荷性」はそんなに重要なものではない気がしています。

理由は二つあります。

まず第一に、物理学という学問が数学と極めて親和性が高いことが挙げられます。
あらゆる物理的な振る舞いが数式で記述されるため、その他の科学にありがちな曖昧さが比較的容易に排除できます。
実験結果も大抵は数の世界に落とし込むことができるので、解釈の余地は限定的です。

そして第二に、物理学では実験事実は理論の根拠ではなく反証材料として扱います。
実験事実を集め、それらを根拠として理論を組み立てるその他の科学とは大きく異なり、物理学においてエビデンスの数はあまり意味を持ちません。
反証材料が今の所はまだ見つかっていない、という事実のみがその理論の支えになっています。
上記の理由より、観察結果の解釈で多少のブレがあったとしても、その他の科学と比較して影響度は小さいかと思います。

7. @htauphiz さん
[2019/04/17 21:12:39 JST(UTC+09:00)]

お返事ありがとうございます。
気づくのが遅くなってすみません。

まず、一つ目の物理学と数学の親和性が高いというお話。

私も、物理と数学は親和性が高いと思います。しかし、だからこそ危険だと思うのです。

例えば、ある物質ついて電気抵抗の温度依存性の実験結果が得られたとしましょう。我々は、それと似た物質の電気抵抗が、温度の二乗に比例するという情報を知っていたとします。最初の物質の電気抵抗が、それと同様の曲線を描いていたら、我々はT^2でフィッテングしたくなると思います。実際はT^3かもしれないのにです。

そう言った意味で、「解釈の余地は限定的」とは言えど、理論負荷による間違いの可能性は十分に残ると考えられます。


次に、二つ目の実験事実は反証材料というお話。

反証の網を潜り抜けて生き残った仮説は、確かに信憑性が高くなります。かと言って、「反証材料の未発見=事実」というのは、些か無理があるかと思います。言うなれば、「暫定的な事実」ではないでしょうか。

私が、本文中の『物理学は実験結果が「真実」』という言葉にひっかかったのは、まさにこの辺りの話です。

いくら実験を重ねても、決して真理には到達できない。だから、物理学は(他の科学も)続いているのではないでしょうか。

以上のことから、私は実験結果が真実だとは言い切れないと思います。

長文失礼しました。

8. Fully Hatter さん
[2019/04/18 20:46:36 JST(UTC+09:00)]

> @htauphiz さん
『例えば、ある物質ついて電気抵抗の温度依存性の実験結果が得られたとしましょう。〜』

この例においては
[実験結果] 物質X の温度T が 100℃ のとき、その電気抵抗R は 10Ω でした
[理論] X について R = cT^2 or cT^3 の関係が成り立つ
かと思います。
わたしが物理学における「真実」と表現したものは上記の実験結果です。
「どうして上記の条件下で 10Ω になるのか」という問いは物理学では意味を持たないため、実験結果を「真実」と言っています。

『「反証材料の未発見=事実」というのは、些か無理があるかと思います』

「反証材料の未発見=真実」の誤植でしょうか?
わたしは物理学において完全な理論は存在しないと考えています。
どんな素晴らしい理論でも、実験事実という「真実」には敵わないからです。

『いくら実験を重ねても、決して真理には到達できない。だから、物理学は(他の科学も)続いているのではないでしょうか』

これはそうだと思います。
学問が終わるときというのは、その学問の中の問いのすべてに答えが出てしまったときなのでしょうね。
(その他のパターンとしては、その学問の問いの立て方それ自体が間違っていた、なども考えられますね)

9. せる せろり さん
[2019/04/18 21:10:30 JST(UTC+09:00)]

はじめましてこんにちは。
この問題意識、わかってる人に久しぶりに出会えてうれしいです。
この問題は答えを二つ用意しますよね。哲学の基盤はない、というのと、そうはいってもある、という二つ。
前者がニヒリズムだとすると、後者は可能無限的な立場。
とりあえず我々がそれを夢だとしか証明できないにしても、夢が見てしまったことに関するその根拠。デカルト的な発想かな。
私はこの世界の構造などは、この世界の経験を成立させるための後付けだと考えています。
構造などはもともとどうでもいいと言えばよくて、物理学にしても、世界の感覚経験をしようという要求が先にあって、それからそれを説明するために出現しただけだと思います。
同じように物自体とか、イデアとか持ち出せば、世界を夢見ようという経験を、構造的に支えることができる。
イデアを考えるときは、そこにはまだ時間も空間もないので、いろんな概念が分化されずにある。数学も科学も、じつはイデアを認めれば、さらに起源を説明できる。

哲学の面白さはその辺ですね。
イデアに接続するといろんなことが言えてしまう。
その当のイデア自体の無意味さがたまらなくおもしろくい。

無意味は無意味ではないって、分かりやすいことばかり求める世間のために、ステッカー作って貼っておきたいくらいです。
乱文で失礼しました。

10. Fully Hatter さん
[2019/04/18 22:31:50 JST(UTC+09:00)]

> せる せろり さん
コメントありがとうございます。

『私はこの世界の構造などは、この世界の経験を成立させるための後付けだと考えています』

まさに哲学やってる人の考え方ですね!
その考え方に、そう簡単に矛盾を指摘できないところがこの世界の面白いところです。

ただ、個人的な感覚としては、この世界は構造ありきなのでは、と思っています。
(というか、そうであって欲しいという願望にも近いですが)

この世を成り立たせる法則がまずあって、その法則にしたがって世界が構成されている、という考え方ですね。
たぶん、この考え方にもそう簡単には矛盾は指摘できないのではないかと思います。
(こんなページを書いといてあまり哲学に詳しくなくて恐縮ですが、哲学の世界ではせる せろりさんの考え方のほうが主流なイメージがあります。もし違っていたらぜひご指摘下さい!)

『物理学にしても、世界の感覚経験をしようという要求が先にあって、それからそれを説明するために出現しただけだと思います』

自分の感覚経験の説明のため、というよりかは、感覚を通して知り得る物理現象の裏に隠れた「偉大な何か」を解き明かしたい、というのが物理学のベースかな、と思っています。

物理学者にとって、理論を作り上げる作業というのは神の存在に触れようとする営みに近く、経験の合理的な説明を求めることとは大きく異なるかと思います。

『同じように物自体とか、イデアとか持ち出せば、世界を夢見ようという経験を、構造的に支えることができる』

わたしが哲学に興味を持っていたのはまさにこういったところで、一般的な科学とは明らかに違う次元でものを考えられるところが素晴らしいですよね。
(まあ、まだ自分が望む答えは得られていないですが笑)

■ 最後に
哲学に造詣が深い方には、自分の考えがどのように目に映るのかにとても興味があります。

もしよろしければ、ぜひ他のページにもコメントいただけると嬉しいです笑

11. せる せろり さん
[2019/04/18 23:46:15 JST(UTC+09:00)]

>Fully Hatterさん、コメントありがとうございます。

『まさに哲学やってる人の考え方ですね!
その考え方に、そう簡単に矛盾を指摘できないところがこの世界の面白いところです。 』

そうか、これが哲学やってるってことなんだ、って改めて感じ入ってしまいました。
矛盾というか、この考えがどれだけ世間的な常識と違うかは知ってるんです。
これはそれこそイデア界から持ってきた概念というか。
因果関係が生じる前だからこそ、ありうる思想なのですよ。
いいかえれば、結果が原因を作る、と言ってます。
でも、人間の記憶に関して言えば、それはあながち嘘でもないというか。


『自分の感覚経験の説明のため、というよりかは、感覚を通して知り得る物理現象の裏に隠れた「偉大な何か」を解き明かしたい、というのが物理学のベースかな、と思っています。』

そこに法則(本質)を見出そうという試みは確かに物理学をする動機になりえますね。実際、アインシュタインなんかそうでしょうし。
というか、それだと実は哲学と同じなんですけどね。哲学は感覚をベースにすることも疑うだけです。


『物理学者にとって、理論を作り上げる作業というのは神の存在に触れようとする営みに近く、経験の合理的な説明を求めることとは大きく異なるかと思います。』

物理学者は理論を物語のように紡ぎだす。なんて言ってみたり。

なんというか、説明の方向に向かう科学は哲学に近いと思います。
それを応用に向けようとするのが技術で、むしろここに注目すると、構造が先、が確定すると思います。
思想的な中心に向かうのではなく、拡散の方向で雑多な機能を生むので、現代的な考えではないでしょうか。
少し現代社会に秩序が欲しいと思っている人からすると、技術偏重は怖い風潮です。


『もしよろしければ、ぜひ他のページにもコメントいただけると嬉しいです笑』

とてもおもしろいテーマ群だったのでコメントいれさせていただきました。
あえて自分の偏重を際立たせるため、多少演出も入ってます。
よろしくお願いします。

12. Fully Hatter さん
[2019/05/06 20:01:24 JST(UTC+09:00)]

> せる せろりさん
他のページも、いろいろコメントありがとうございました。
今後とも、末永くよろしくお願いします笑

13. Xin さん
[2019/05/09 02:36:22 JST(UTC+09:00)]

NHKの深夜番組で、哲学者の意見を聴いてみよう!…みたいなのがあったと思うんですが、あの番組のメッセージ性に一理あるなと思って、哲学ってもともと人間が上手く苦しまず生きる上で編み出した学問(…もしくは知識体系?)だと思うんですよね。
のほほーんと暮らしてるノンキなAさんは悩みがない。失敗してもイライラしないし、楽観的で苦しまない。だから考えない。もしくは改善したいなどとは思わない。したがって彼女に哲学は不要です。
これは動物もいっしょ。低次の生き物は感覚に、すでに改善された遺伝子の記録がある…だから人間みたいな複雑な悩みとは無縁である。哲学は要らない。
私はこう考えるのです。よりよく生きる哲学としての哲学なら、つまり昔の人たちの説いていたような哲学なら、悩める人々には存在意味は大きいです。
対して…結論を出せない哲学はまるで無意味です。結論を出さないことがそのまま美学になりそうで如何にも無意味じゃないですか!少なからず昔の人たちも陥ったものではあると思います。
立つには支えが必要です!何かしら人間は何かにすがっているのだと思います。ニヒリズムの到来だとか言われている今こそ、そのような幸福を目指す自分の結論を探す哲学に邁進すべきなのではないかなと。
論点ズレているとは思いますけども書きました。…私も中学生のころニヒリズム少年になって、死にたくなりました。生きるのが死ぬよりも良いとは必ずしも言い切れないけれど、面白いのが好きなのはみんな同じだと思うのです。それを探すか、諦めるかが人生のコンティニュー、ゲームオーバーだと思います。

14. Fully Hatter さん
[2019/05/14 18:53:25 JST(UTC+09:00)]

> Xinさん
おっしゃる通り、よりよく生きるための哲学には大きな意味があるかもしれませんね。

Xinさんのコメントを読んでいてふと、(自分も含め) 大きな絶望を経験した人は哲学に親しみを持ちやすいのかもな、と思いました。

辛い現実の中で必死に自分の生きる理由を見出そうとすることが、きっと哲学の本質的な部分に関わっているのでしよう。

15. せる せろり さん
[2019/05/17 23:35:09 JST(UTC+09:00)]

こんばんは。
Xinさん
横やり失礼しますね。
『結論を出せない哲学はまるで無意味です。結論を出さないことがそのまま美学になりそうで如何にも無意味じゃないですか!』

有意味なのが本当に意味ありますか?ということになります。
結論を出さないで待つ、ということができないがために起こってる悲劇も現実には多いと思います。
わからないことをわかならないと認めるというのも、一つの結論でしょう。
また、真実というのはたとえわかっていても簡単には表現できないと思います。
結論を言わないようにうんちくをこね回すというのは哲学でも何でもないですが。
それと経験界のことについては、一般論は基本なく、すべてがケースバイケースだと思います。
普遍性のある哲学であっても、当てはまる人にとっては当てはまるし、
当てはまらない人にとっては当てはまりませんと思います。
弱者と強者の哲学は違います。どちらが正しいというわけではなく。
物理学とか形而上学クラスになると、かなり万人に当てはまると考えられるでしょうけど。
あと、世界観と倫理観はかなり密接に関係していると思います。


16. もめん さん
[2019/05/29 23:01:47 JST(UTC+09:00)]

哲学が「本当にこの仮定は正しいのか? という疑問が「哲学」では正当化され」るというエビデンスは何でしょうか?
また、数学的アプローチの出発点は「なぜ?」だと私は思います。
Fullyさんは、哲学の「なぜ?」と数学においての「なぜ?」の相違点は、何だと考えられているのでしょうか。
この記事ではその相違点が明確にされていないと思いました。もしかすると、数学と哲学にはその研究対象が異なるというだけかもしれません。それについてはどうお考えでしょうか。

17. Fully Hatter さん
[2019/06/01 16:13:06 JST(UTC+09:00)]

> もめんさん
難しいことをおっしゃいますね!

『哲学が「本当にこの仮定は正しいのか? という疑問が「哲学」では正当化され」るというエビデンスは何でしょうか? 』

結論からいうと、そのようなエビデンスは存在しないかと思います。
そもそも「哲学」という言葉が指し示す概念自体が明確なものではないので。
Fully Hatter が勝手に作り上げた哲学のイメージ、ですね。

ただ、哲学科の教授の話や研究者の本などを読む限り、あながち的外れな表現ではないと思っています。


『数学的アプローチの出発点は「なぜ?」だと私は思います』

すみません、ちょっと理解が及ばなかったです。
本文でも書いていますが、わたしは数学は仮定から出発すると考えています。

逆に、数学の世界に「なぜ?」ってあるんですかね?

18. tower さん
[2019/06/08 10:45:46 JST(UTC+09:00)]

『「哲学」は無意味である、は無意味である』が意味があるかないかは、貴方の置かれた次元によるのではないかと思うよ。
冒頭の「夢の中」の話のように、私たちは誰かの妄想に巻き込まれて、自分が存在しているように見えているだけではないでしょうか。
この世が偶然存在する可能性は、チンパンジーにでたらめにキーボードを打たせてハムレットができる確率より小さいですよ。
で、この世を創造した主体があるはずで、世間ではそれを「神」と呼んでいるんだと思います。
なぜかは不明だが、私たちは、「意味」が存在するように錯覚して、それを求めるように「神」によって設計されているのではないでしょうか。
神の高次元から見たら、それはこの世の創造する際のパラメータに過ぎないでしょう。

19. Fully Hatter さん
[2019/06/30 20:00:57 JST(UTC+09:00)]

> towerさん
たしかにそうですね。
でも、「神」の存在が我々には直接的に認知できないという事実はとても興味深いと思います。

「神」が我々を作ったのならば、その事実を我々は証明できてもいいような気がします。

20. あ さん
[2019/08/14 20:42:50 JST(UTC+09:00)]

哲学を定義してほしい
分かってるいると思うけど、philosophyの原義のままなら、数学も物理学も経済学も哲学の範疇。ドクターの称号がPh.D(Philosopher)の様に。

21. Fully Hatter さん
[2019/08/28 23:38:55 JST(UTC+09:00)]

> あ さん
コメントありがとうございます。
本文に追記する形で回答しました。

どなたでもご自由に書き込んでください。
Fully Hatter が愛をもってご返事いたします。


person icon




「哲学」に関連するページ